• ホーム
  • なぜ薬を飲むと副作用が出るのか

なぜ薬を飲むと副作用が出るのか

2019年07月08日
カプセルと水のグラスを持っている男性

なぜ薬を飲むと副作用が出るのかと議論されることがありますが、まず副作用の出ない薬は存在しないと言われています。
だからと言って、薬を飲めば必ず副作用が出るというわけではないですし、副作用は必ずしも悪いものとは限らないです。
場合によっては副作用を利用して治療することもあります。
副作用が出る原因はいろいろありますが、説明に書かれている用法や用量を守らないと副作用が出ることが多いです。
薬は研究で、どんな使い方でどれだけ飲めば症状の改善に結びつくかなどを徹底して計算します。
ですから、間違った使い方をすれば副作用が出る可能性が高くなるのは当然と言えます。
他にも薬を飲む人の体質によって副作用が出ることがあります。
人によって薬の効きが強い弱いがあります。
また、あまり知られていないのは、薬の飲み合わせによっても副作用が出る可能性があります。
薬同士だったり、薬と飲食物で出たりします。
飲み合わせについては薬を飲む前に医師の指示を仰いだりして確認を怠らないようにすることが必要です。
複数の薬を飲む場合は特に注意することが大事とされています。
自分が飲む薬の性質を知るのも、自分の体を守るためには重要と言われています。