• ホーム
  • ビタミン剤は副作用が全くない?

ビタミン剤は副作用が全くない?

2019年07月27日
錠剤とグラスを持っている男性

ビタミン剤は体に良いばかりではありません。
不足すると健康を保てませんが、摂りすぎて副作用が全くないのかという点では、やはり過剰摂取には気を付けなければならないのです。
ビタミン類は大きく分けて、水溶性と脂溶性のものに分けられます。
このうち脂溶性のもののほうが過剰摂取を起こしやすくなります。
水溶性のビタミンは、多く摂取しすぎてもおしっこと一緒に体の外へ出て行ってしまうからです。
しかし、水溶性のビタミンでも、摂り過ぎれば分解排出の過程で肝臓をはじめとする臓器を過剰に働かせることになります。
最近では水溶性ビタミンのひとつであるビタミンCの過剰摂取が尿路結石の原因となるのではないかと言われています。
一方で、脂溶性ビタミンは摂り過ぎても尿と一緒に排出されることがなく、体内に蓄積されていきます。
そのため脂溶性ビタミンの過剰摂取は水溶性ビタミンの場合よりも危険だと言われているのです。
脂溶性ビタミンには、ビタミンA、EやビタミンD、Kなどがあります。
これらのビタミンを摂り過ぎることで痒みや頭痛といった副作用が現れることがあります。
ビタミンDの過剰摂取は腎不全や尿路結石、ビタミンAでは胎児奇形などの副作用が指摘されています。
最近ではビタミンEの過剰摂取は骨粗鬆症につながるのではないかということで研究されています。