• ホーム
  • 薬の副作用が強い時の対処法

薬の副作用が強い時の対処法

2019年08月12日
多様な薬を持っている男性

医薬品を使用した場合、副作用が出ることがあります。
これは、服用した人の体質などによるもので、どのような医薬品であっても副作用により体調に変化を感じる場合はあります。
しかし、副作用が怖いからと言って、薬を服用しないというのは非常に危険な考えです。
薬を服用することでどのような副作用が発生するのかを事前に把握することで、万が一副作用が発生しても慌てずに対処することが出来ます。

一般的によく見られる副作用としては、頭がぼんやりする・頭痛がある・立ちくらみ・吐き気・便秘・発熱などがあります。
対処法としては、早めに医師に相談するようにします。
すぐに病院に行くのが難しいという場合には電話などで相談するようにします。
どのような薬を飲み、飲んでからどのくらいの時間が経過しているのかを詳しく伝えるようにしましょう。
自己判断で薬の服用をやめてしまうと、症状がより悪化する可能性もありますので避けるようにします。

薬の副作用が強い時には、救急車を呼び、一刻も早く病院に行き処置を受けることが必要となる場合もあります。
その際にも、服用した薬の名前・量・時間などをできるだけ正確に伝えることが大切になります。
どのような薬を服用しているのかを把握しておくようにしましょう。